もっちり優しい自然派ピザ

(null)

2人前 所要時間1時間30分

(null)

A
強力粉 80g
薄力粉 70g
塩 小さじ1/2
砂糖 小さじ1/2
オリーブオイル 大さじ1
ドライイースト 3g
水 100cc

B
ミニトマト
カマンベールチーズ
生バジル
ホールトマト 1缶(400g)
バジル 少々
オレガノ 少々
塩 小さじ1

1) 水を人肌まで温めて、ドライイーストを入れて、Aの食材全てを混ぜる。

2) 丸にまとめて、20分程濡れたキッチンペーパーをかけて寝かす。

3) ホールトマトを潰し火を入れてバジル、オレガノ、塩を入れ一煮立ちさせて冷ます。トマトソースの完成

(null)

4) 生地を丸めて、素手に油を軽くぬり円を描く様に丸く薄くしていく。

(null)

5) トマトソースを生地に満遍なくぬり、ミニトマトを半分にしてキッチンペーパーで水分を取りバランス良く並べる。同様にバジルとカマンベールも並べ、250度のオーブンで15分焼き完成。

POINT

強力粉の割合を増やすとクリスピー生地になり薄力粉の割合を増やすともちもち生地になります。

(null)

裸と裸の付き合い

おれ、

(null)

メッチャ温泉とサウナ好きやねん。

アツイサウナにジリジリと身体を焼き付け、頭がクラクラして来たら、水風呂に入る。

そのまま悟りモードまでキンキンに冷やす。

(null)

僕Mなのかな?!

Mid Town

(null)

六本木と言えば ヒルズかミッドタウン。

(null)

イケイケグローバルな感じよね(・Д・)ノ

(null)

近くのメルセデスベンツのカフェでmtg

料理冒険家##シンガポールの冒険##

クリエイティブな人間であれ。個性を大切に。

(null)

シンガポール共和国

シンガポール共和国は東京23区とほぼ同等の敷地であり、アジア屈指のクリエイティブな国でアジア窓口の貿易国家。

コックコートから作業着に着替え世界一周分の食材を船に搬入する。
夜な夜な時間ができウキウキ気分でシンガポールをクルーと徘徊。

(null)

まるで東京を歩いている様だが少し繁華街に入ると、屋台パレードやないかい!

(null)

なんか、アートな近代都市とビーチのバルセロナであれば、

都会なビル群とローカルな屋台のシンガポール的なね、

やっぱアジア人はローカルな小汚い屋台は好きやね(笑

(null)

シンガポールの屋台はとても安く、何品頼んでも低価格。
しかもービールも安い、ただ冷えてはないけどね。

(null)

本日はシンガポールの海南鶏飯
〜チキンライス〜

(null)
シンガのチキンライス

3人前 所要時間40分

(null)

A
鶏モモ肉 1枚
クローブ 粉 少々
塩 少々
こしょう 少々
オリーブオイル 適量

B
米 2号
ねりしょうが 小さじ1
ねりにんにく 小さじ1
中華だし 小さじ1

スイートソイソース C
醤油 大さじ2
砂糖 大さじ2
オイスターソース 大さじ2
ナンプラー 小さじ1
輪切りとうがらし 2つまみ

1) Aの鶏モモ肉を平たく開き、フォークで穴を開けて塩こしょうクローブをふってフライパンで焼き、焼き目をつける。

2) 米を研ぎBと水をいれてAを入れて炊飯スタート

(null)

3) スイートソイソースCの具材を煮詰めて完成。

アドバイス ご飯を炊くときにターメリックやサフランやバターなどいれても美味!

(null)

東京タワー

何も躊躇いもなく威風堂々と。

こんなクレイジーな存在素晴らしいよね?!

(null)

でもだいぶお爺ちゃんだけどね(´・Д・)」

冒険家のワイルドローストビーフ

IMG_2295.JPG

2人前 所要時間 1時間30分

IMG_2289-0.JPG

牛モモ肉 500g
オリーブオイル 大さじ1
牛脂 50g
醤油 大さじ3
オレガノ 少々
バジル 少々
タイム 少々
ローズマリー 一本
塩 適量
ブラックペッパー 適量

1) 牛肉を常温に戻しておき、オリーブオイル以外全てを牛肉に満遍なく塗る。

2) オリーブオイルをひきフライパンを高熱にして、牛肉を両面焼き目をつける。

IMG_2292.JPG

3) オーブンを250度に設定をし、250度で5分、裏返し5分。

IMG_2294.JPG

3) オーブンから取り出しアルミを巻き、1時間常温保存し、冷蔵庫に入れて完成

アドバイス 加熱時間はグラム数により変わるので、アルミで巻く前にフォークなどで刺し中の肉の温度を肌で感じあたたかければアルミを巻く。

POINT

激ウマソースの作り方
ニンニクを醤油の中で一煮立ちさせ、牛脂を、炒めてだしたオイルと1対1でわりみじん切りの玉ねぎをまぜると完成! まさにハードな冒険家スタイルー

IMG_2296.JPG

料理冒険家の##アメリカ、ニューヨークの冒険##

自分の好きな事をとことん突き詰められる事はとっても素晴らしい事。

アメリカ合衆国 ニューヨーク

IMG_2762.JPG

自由の国アメリカ ニューヨーク、世界一のビジネス大国、アメリカンドリーム

少し前の世代のイメージだが、今だにネームバリュー力は凄まじい。

IMG_2821.JPG

とりあえず行きたかった、エンパイアステート。夕方にホテルにつ着きそのままエンパイアまで、エレベーターや階段で進み、自分を高めながらNYの360度を観賞。アドレナリンが凄まじかったので、一人で達成感
を味わうロマンチースト。

IMG_2819.JPG

ニューヨークでは、いつになっても夢を追いかけている人が多い所、ここの感覚はとても素晴らしいと思う。

ニューヨークは料理も世界の一流店舗が集まる場所。

体の事にも気を使い、ベジタリアンやヘルシーがとても人気でもあり、現にNYにはサラダメインの専門のお店があります。
僕はベジタリアンをしている時もありとても興味はそそられます。

本日は野菜たっぷり豆乳クラムチャウダー

IMG_2198-1.JPG

野菜たっぷり豆乳クラムチャウダー

3人前 所要時間30分

IMG_2189.JPG

アサリ(塩抜き) 200g
玉ねぎ 1個
ニンニク 1欠片
ニンジン 1/4
ジャガイモ 1個
ベーコン 50g
豆乳 400cc
バター 10g
オリーブ オイル 大さじ1
ハーブミックス 大さじ1
コンソメ 小さじ1
塩 小さじ1

1) アサリを400ccの水で茹でる。

2) 全ての野菜みじん切りにし、野菜とベーコンを、バターと、オリーブオイルで炒める。

IMG_2190.JPG

3)アサリと400ccの茹で汁と全てを合わせてコトコト火入れして完成。

IMG_2191.JPG

POINT

豆乳は沸騰させてしまうと分離してしまうので、90度くらいで保てれば激ウマ最高です!

東京の冬

ベラボーに寒い2015年1月末日

それでもキンキンの冬も好きなんだよね、
なぜか、心細いけど繊細な感じ^_^

まあ、あんまわからんけど本日も即興鍋。

IMG_3024.JPG

なぜかて?!

エアコンが壊れましたわ笑
明後日業者さんがいらっしゃる。

料理冒険家##チリの冒険##

少し疲れたら動物と触れ合い、素朴な所に行けば良い。

チリ共和国

IMG_2609.JPG
プンタアレーナス

チリ共和国は細長い国なので上と下では気候もガラリと変わり、今回のプンタアレーナスは最南端の街なのでとても寒い所。
この国もとても素朴で自然があり優しい国だなと思った。

IMG_2607.JPG
公園には国で飼われているワンちゃんが沢山いてまたのどかである。

IMG_2608.JPG
日本でも国が管理してくれる猫ちゃんワンちゃんがいたら良さそうよね?!
高齢化だし、野良がいるのだからね、まぁまぁ

レストランは大体入り口に豚の丸焼きなどが並んでいた。

まあ、正直これといった見所はなかったが、街や人や雰囲気全てが日本人のセンスとは違うのでインスピレーションはすごいです。

IMG_2611.JPG
日本から正反対の国では全てが幻で新鮮でおどろきでチルドレンがかわゆい。

IMG_2610.JPG
本日はチリの郷土料理、パステル・デ・チョクロに日本の家庭にあるパルメザンチーズを使用した

チーズのパステル・デ・チョクロ

IMG_2290-0.JPG
チーズのパステル・デ・チョクロ

3人前 所要時間40分

IMG_2282.JPG

牛挽き肉 300g
玉ねぎ(みじん切り) 1玉
ニンニク(みじん切り) 1片
オリーブオイル 大さじ1
ゆで卵 (スライス) 2個
オリーブ実 5粒
クミン 適量
オールスパイス 適量
パプリカ 適量
オレガノ 適量
バジル 適量
塩 適量
ブラックペッパー 適量
コーンペースト 1缶
薄力粉 大さじ1
粉チーズ 適量

1) オリーブオイルをひきニンニクと玉ねぎを、キツネ色になるまで炒め、牛挽き肉をいれる。

2) 全てに火が通ったらクミン、パプリカ、オレガノ、バジル、塩、ブラックペッパー、パプリカ、オールスパイスで味付けをして、冷ましとく。

IMG_2284.JPG

3) 冷ました具材を耐熱グラタン皿に入れて、オリーブとゆで卵をのせ、コーンペーストに薄力粉と粉チーズを混ぜたのをかけてオーブンで200度15分で完成。

アドバイス こちらの料理はパーティーや、冬のイベントに持ってこいだと思います。グラタンや、ラザニアに飽きたらこちらも如何

IMG_2291.JPG